良スレ・殿堂入りスレのまとめ

良スレ・殿堂入りスレのまとめ

ブラック会社に勤めてるんだが

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【ファイナル】

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その1】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その2】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その3】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その4】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その5】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その6】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その7】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その8】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その9】

716 名前:マ男 ◆kmd7lCK4/M:2007/12/14(金) 22:36:59.81 ID:xtR38uQo
 
週末にするとか言ったが、今日書くことにした件。

 

第五部・最終章『もう俺は限界かもしれない』後編
 

3年目の春。
 


相変わらず厳しいスケジュールばかりで疲労はたまっていたが、
それは俺だけじゃない。
こんな所で弱音など吐いてはいられないのだ。
 

「おはヨーグルト!」
井出だ。こいつはいつも元気だ。
「キムちゃんと竹中ちゃん、もう2年目じゃーんww」
「そうですね」

両肩に手を置かれ、めんどくさそうに返事する木村くん。
「そろそろ仕事にも慣れたぁ?」
肩を揉む井出。
「僕じゃなくて、竹中さんに絡んでくださいよww 今仕事してるんで」
「これだから真面目くんはつまんねーんだよな」
 

井出が離れる。それと同時に
「竹中ちゃん、左舷弾幕薄いぞ!」
ゲッツのポーズを繰り出す井出。
「井出さん、なにやってんの!」
 

はいはい、ガンダムガンダム・・・。
 

「マ男さん」
木村くんだ。
「今日、お昼一緒に良いです?」
 

む?
続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その9】

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その1】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その2】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その3】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その4】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その5】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その6】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その7】
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その8】

267 名前: マ男 ◆kmd7lCK4/M [sage] 投稿日: 2007/12/09(日) 22:46:54.52 ID:FSS4MXso
 
新人スペック投下

木村くん

俺の後輩。生意気で若干常識がないため、スレでは不人気
年齢:20
髪型:小池徹平みたいな感じ。顔は妻夫木くん
体型:普通
性格:やる気がみなぎっていて吸収力も高いが、いまいち生意気。現在では一番の成長株
 

竹中くん

俺・・・よりも井出の後輩。やる気が無く、常に弱音を吐いている
年齢:20前半?
髪型:説明の仕方が分からん。長くはないが、ベッタリと降ろしている。
体型:普通
性格:単純。乗せると調子に乗るタイプだが、すぐに弱音を吐くため、俺はあんま好きじゃない
 

 

第五部での空白の1年間を書こうと思う。
暇潰し程度かつ本編とはほぼ無関係となる部分だから、
勘ぐり無しで純粋に楽しんで欲しい所です。
 
 
 

続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その8】

 
第五部・最終章『もう俺は限界かもしれない』
 


「おはようございます」
 

この会社に勤めて1年を過ぎ、
俺はこの日もいつも通りに出社した。
 

「マ男くん、おはよう」
藤田さんだ。例の過去話以来、
俺と藤田さんはお互いに信頼できる関係を築いていた。
まぁそれでも、俺が藤田さんに依存寄りなのは否めないがな。
 

「すっかり春ですね。通勤途中、公園で桜が咲いてましたよ」
「そうだね。まぁ、私たちは花見できそうにないけどww」

ごもっともだ。
 

「そういえばマ男くん、今日は新卒の子が一人、入るみたいだよ」
「え、そうなんです?」

なんでまたこんな会社を新卒で受けちまったんだか・・・。
会社選びは慎重にしないとダメだろう。
10年前後もNEETやってた俺が言えるセリフじゃないがな。
 

「なんでも専門出で、シスアド持ってるみたいだから、完璧ド素人って訳でもないようだよ」
「珍しいですね。即戦力になりえますかね」
「いや、新卒だからね。正直な話、今の時点では分からないな」
 

確かにその通りだ。この会社は、知識どうこうの話ではない。
どれだけ早くソルジャーになれるか、どれだけ自力で駆け回れるかが最重要項目なのだ。
それが果たせなければ、新卒という一生に一度だけ
手にする事が出来るブランドを失い、世をさまよう事となる。
他人の事ながらも、俺は正直、気の毒にと思えた。
 

「朝の十時から、応接室で紹介するみたいだから」

十時か。
ていうか、紹介あるのね。俺の時は無かったのだが。
しかしどんな子なのだろうか。どうせ俺の時みたいに、放置されるんだろうな。
 
 

そして、十時がやってきた。
 

 

続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その7】

第4部『平成の孔明、マ男に過去を語る』に入るということで
登場人物、あらすじを更新したいと思う。

第一部『デスマ』編

10年前後NEETで最終学歴が中卒の俺が、母ちゃん死亡で働く決心がつく。
職業はプログラマ。世にも恐ろしい残業地獄職だ。
一応言っておくと、上流SEや、会社によって違うらしい。
前スレの意見を統合すると、俺の会社が異常すぎるとの事。
プログラマを目指そうと思う人は、こいつの会社やばいって程度で見てくれるとありがたい
俺の入った会社は超絶ブラック。主に人間関係がヤバイ。そして入社日の時点でデスマが始動。
そんな中、俺はここで諦めたら母ちゃんに申し訳が立たんと必死に頑張る。
それが報われたのか、入社して2週間でプロジェクトリーダーにならないかと持ちかけられた俺。
どーする俺!?どーなる俺!?


第二部『プロジェクトリーダー』編
悩んだ末、俺はプロジェクトリーダーになり、多忙の日々を過ごしていく。
プロジェクト前半は人間関係からのトラブルもあったが、スケジュールは順調であった。
しかしそんな矢先、いきなり客先から電話が。大幅な修正が入るという話だ。
戦慄する俺をよそに、リーダーは何か考えがあるのか(何もない)簡単に引き受けてしまった。
修正分の担当者は上原さん・・・彼は二日遅れのスケジュールとなっていた。
数々の死亡フラグ、前半以上の人間関係からのトラブル、そして平成の孔明、藤田さん・・・
様々な出来事が交錯しながらも、俺は何とかプロジェクトを完遂させた。
そして次なる舞台は、プロジェクト完遂祝いの打ち上げだ。
しかし、これがとんでもない事態を引き起こすことになるとは、誰が予想できたであろうか。
どーする俺!?どーなる俺!?


第三部『そして廃人へ・・・』編
人生初の飲み会となる俺だったが、それは混沌という名の戦場だった。
もっと楽しくて、笑えて、素晴らしい場だと思っていた俺だったが、そのあまりの落差に消沈してしまう。
酒の強い藤田さん、酔うとウザいリーダー、さらに壊れる井出・・・俺は、ここで様々な人間達の裏の面を垣間見る。
さらに、ここで藤田さんに次ぐ実力者、上原さんが死亡フラグを全て消化してしまった。
忙しくなる仕事、プロジェクトリーダーを降り、横暴リーダーのもとで働く日々が続く。
しかし、そんな日々もついに打ち砕かれる。なんと大コンプレックスである学歴が露呈されたのだ。
精神的に追い詰められた俺は、社長に退職を申し出た。
だが、そんな俺を待っていたのは、藤田さんの過去の話だった・・・。
どーする俺!?どーなる俺!?
 
続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その6】

 
バーに向かう。
ちょいピザのバーテンが出迎えてきた。

「あ、リーダーさん、お久しぶりですww」
「おう。マスターはいねぇの?」
「今日は休みみたいっすね~」
「今日こそマスターと接吻しようと思ってたのにwwww」

井出、あんたは何を言ってるんだ。

「あれ? その人は?」
「あぁ、うちの新入りだよ。能力はあるぞ。根性もある。だが、俺の嫌いなタイプの人間だ」

それはこっちのセリフだ。

「へぇ~お名前は?」
「1です。よろしくお願いします」
この挨拶は適当なのか。
「よろしくっすww 何飲みます?」
「ウーロン茶で・・・」
「芋焼酎にしてやってくれ」
おい
「芋っすねww リョーカイっすww」
おいおい・・・。
なんで俺がこんな目に・・・。そう思っていたら、飲み物が回ってきた。
「おい、1。で、大学はどこ出なんだ」

ここでその話題を出すか

続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その5】

つづきが気になる。。

59 名前:1 ◆kmd7lCK4/M:2007/12/01(土) 14:23:55.63 ID:vCVB7Ck0
すまん、電話が来てた。
ちょっくら会社行ってくる。
大した問題じゃないから一時間ぐらいで帰ってこれるかな。
それまで待っててくれると嬉しいんだぜ。
 



続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その3】

ここか。ブクマだけしておこう。
とりあえず今日は寝てもいいかな。ちょっと疲れたかも。
長文書くの難しいわ。読みにくかったりしたらすまんかった。
次からは頑張るよ



続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その4】

 
登場人物のスペック
リーダー
プロジェクトリーダー。
年齢:30半ばぐらい
髪型:角刈り・眉毛が濃い
体型:ちょいピザ
性格:体育会系。自己中心的で、救いようがない。俺視点では最悪な人間

井出さん
先輩社員。リーダーと仲がいい
年齢:30前後
髪型:坊主・顔が濃い
体型:普通。少し痩せ気味かも
性格:おちゃらけている。仕事を仕事と思ってない。やはり最悪な人間。
    スレでは人気があるように思える。

藤田さん
先輩社員。この人のおかげで会社は回っている
年齢:29
髪型:パーマ。福山雅治みたいな感じ。フツメンではない(ブサメンかイケメンかは想像に任せる)
体型:痩せ型。
性格:真面目・人間関係の築き方が秀逸。憧れの人と言っても過言ではない。
    何故この人がこんな会社に居るのだろうか。

上原さん
先輩社員。廃人候補。
年齢:30前後
髪型:ワケわからん。ミディアムで寝癖が凄い
体型:痩せ型
性格:色々とやばい。吃音がひどいのが特徴。リーダーと井出さんにいじめられている。
    主にリーダー。精神病を患っている可能性高
中西さん
年齢:20前半?
体型:スリム。身長は165ぐらい
乳:小さい
尻:パツンパツン
脚:たまらん
性格:これから描写

現在の関係
井出→中西
中西→藤田?


顔は川村ゆきえに似てる。人を選ぶかもな。


続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その2】

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その1】

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/25(日) 02:04:05.47 ID:lxchVA+W0
らっきょらっきょ 



続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない【その1】

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/24(土) 21:38:07.44 ID:Jw+br6zA0
職業はプログラマ。この職業、マジでやばすぎる。 

入社日での出来事。 
パソコンを渡される→指示された通り、色々なものをインストール→設計書を渡される。 
「これでおっけーと。んじゃ作れ」 
「え?」 
「いや作れって」 
「あ、え?は、はい」 
「みんな忙しいから、出来る限り自分で解決しろよ」 
そう言って去っていくチームリーダー。 
このまま悩んでてもしょうがない。とりあえず設計書を見てみるか。 
フレームワークがどうのこうの、うんたらかんたら・・・。テストはどうのこうの・・・。 
ワケわからんぞ 



続きを読む
記事検索
最新記事
メールフォーム
カテゴリー