1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:34:26.78 ID:JVB5yKBI0


立ったら書かせてもらいたい。 




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:36:07.73 ID:JVB5yKBI0


目にとめてくれてありがとう。 

ある年の春くらいだったか、ヤクルトの訪問販売?が来るようになったんだ。 
いつもピンポン鳴らされてもぜってー出ないんだが、 
そのときは確かトイレから出た直後で、玄関のまん前にいたのでそのまま玄関を開けてしまった。 

開けた理由はあるんだ。 
ドアのレンズから見たら、ヤクルトのオバサンだった。 
オバサンのはずだった。 



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:37:53.14 ID:JVB5yKBI0


172cm 
当時33才 
体系普通 
ややブサ…と思う。キモがられこそしないがモテたこともない。 
サーバー監視の仕事で夜勤 


「こんにちわー ヤクルトです~」 
顔が帽子の影と逆光でよく見えんかったんだが、声がか若かったから、 
意外と若い子なのかもしれんと思って、まぁ下心半分でドアを開けた。 

年の頃は20代後半くらいに見えた。 
自転車とかバイクでヤクルト売り歩いてるのって、オババばっかりなイメージだったから、 
かなり珍しく若く見えた。 

そんときは「割と若い人もいるんだな」くらいに思って 
せっかくドア開けちまったからと、なんか飲むヨーグルトみたいのを2,3本買って、 
何かの試供品とチラシをもらって終わった。 

それが始まりだった。 
毎週火曜日が俺は楽しみで仕方なくなった。 


わけでもなかった。 



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:39:44.59 ID:JVB5yKBI0


俺は夜勤者なので当然昼間は寝る。 
毎週火曜日、決まって午後2時くらいの、ちょうど寝入ったころにやってくるのが 
鬱陶しくてたまらんかった。 
夜勤やったことあるヒトはわかると思うが、昼間って意外と寝にくいんだ。 
寝付くだけでも苦労するのに寝入ったとこを起こされる。 
当然玄関を開けるどころか布団から出る気さえ起きなかった。 

1ヶ月くらいそれが続いた日、またたまたまトイレに起きたタイミングか何かで 
ドアチャイムが鳴った。 

「こんにちわー ヤクルトです~」 
その時はもう鬱陶しい気持ちしかなかったから、一言言ってやろうと思って蹴飛ばすようにドアを開けた。 

「あ、やっとお会いできました。あれごめんなさい、お休みでしたか」 
「見たらわかるっしょ。夜勤だし昼寝てっから」 
ジャージ姿で、たぶん寝癖頭の俺はわざとふてぶてしく答えた。 



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:41:20.67 ID:JVB5yKBI0


胸のバッヂで名前は佐藤さんと判明した。 
佐藤さんは本当に申し訳なさそうに小さくなってた。 
「だからもう来なくて」 俺が言いかけたとき、さえぎるように佐藤さんが言った。 
「来週からは午前中の早い時間に来ます、伺ってよろしいですか?」 
おびえたように上目遣いで俺を見る佐藤さんを前に、 
なんというか、腹を立てていた自分がうそのように、佐藤さんがかわいらしく見えた。 
いや、よく見ると実際かわいいんだ。 
お前らからしたら29なんて(後から知った)ババアなんだろうが、見た目よりは若くてかわいく見えたんだ。 


あとでわかった佐藤さんのスペック↓ 
158cmと言ってた。 
29才 
まいんが相応に年食ったらこうなるかなみたいな感じ 



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:43:14.47 ID:JVB5yKBI0


翌週から、佐藤さんは8時くらいの早い時間に来るようになった。 
俺も帰宅してテレビ見たりネットしたりしてる時間だからちょうどよかった。 
普通に世間話をするようになり、俺が何も言わなくてもいつも俺が買う品を置いていくようになった。 
たまーに別の人が来たりすると何か寂しかったりした。 
いつの間にか佐藤さんの来るのがほんとに楽しみになっていた。 
午前中に訪問するために巡回ルートを変えて、かなり遠回りして来てくれてたと聞かされたのは、だいぶ後のことだった。 

佐藤さんは俺が一人暮らしと知ったからか、 
「家で余ったから」「作りすぎたから」と 
おかずやお菓子を差し入れしてくれるようになった。 
今思うと見え透いたウソだったが、その時は疑いもしなかった。 
俺なんかのためにわざわざ…なんてそんなことあるわけないと思ってた。 


来客なんでほとんどないし、まして女性が尋ねてくるなんてありえんから、 
半畳ほどの玄関に佐藤さんの薄甘い香りがふわっと広がるたびに 
俺は何かをコラえていた。 



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:45:03.65 ID:JVB5yKBI0


しばらくたって、その日は蒸し暑く、梅雨も明けたというのに朝から土砂降りだった。 
俺はもうアパートの階段を上がってくる足音で佐藤さんがわかるようになっていた。 

「おはようございます、ヤクルトです~」 
心待ちにしていたそぶりを見せないようにドアを開けると、ずぶぬれの佐藤さんがいた。 
ワインレッドのレインコートを羽織っていても、前髪からはぼたぼたと雫が落ちていた。 
こんな土砂降りの日にまで重いヤクルトの箱を積んで、 
細い体で自転車をこいでやってきてくれた佐藤さんに、俺は軽い感動のような感覚になった。 

それ全部くださいと言いたかったが、俺にそんな財力はなかった。 
俺はなけなしの金でヤクルト400とミルミルと野菜ジュースを1カートン(?)ずつ頼んで、札を渡した。 
「えー 今日はそんなにですかー? ありがとうございます~」 
佐藤さんは腰のポーチからつり銭を探っていた。 

夏場の雨降りは濡れるしカッパは蒸し暑いし大変だと前に聞いていた。 
佐藤さんの鼻の頭に玉の汗が浮かんでいた。 
息が切れてるのに、俺に悟られないように息を呑みこんでるのもわかった。 



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:47:53.42 ID:JVB5yKBI0


理性が飛びかける瞬間てわかるだろうか。 
脳みその中心がふわっとなって意識が半分薄れて、 
他の誰かに操縦されてるような感覚だ。 

気がつくと佐藤さんの肩を鷲づかみにしてキスしていた。 
それまでにもそんな妄想しながらおカズにさせてもらうことが何度かあったから、 
もしそんなことしたらもうダメかな、タイーホかな、なんて思っていたが、 
その時はほんとに頭が真っ白で、いつもの妄想じゃないと気づくまでにちょっと時間がかかった。 

けど佐藤さんは抵抗しなかった。 
気のせいか、佐藤さんは俺の腰に手を回してきた気がした。気のせいかもしれない。 
唇が触れてるところに雨水とか佐藤さんの汗かがつたってきて、冷たくてしょっぱい味がした。 
面食らった佐藤さんの鼻息が直接俺の頭蓋骨に響いた感覚を、俺は今でも忘れない。 



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:50:38.10 ID:JVB5yKBI0


ほんの数秒だったんだろうが、ながーく感じた。 

口が離れると、とっさに俺は謝った。 
「あ、スイマセン、ほんとスイマセン…」 
「いえ…、じゃまたお願いしますね」 
佐藤さんは動揺しまくった様子でそのまま去った。 
自然にドアが閉まって、佐藤さんがアパートの階段を踏む音が聞こえなくなっても、 
俺は数分間、呆けて玄関に突っ立ってた。 

次第に現実に引き戻されると、俺はベッドにダイブした。 
ものすごい達成感というのか、アドレナリンが噴き出す感じがして、 
何度も力任せに壁と枕を殴りつけた。 
わけのわからん言葉をうめいてたかもしれない。 
数百円のお釣りをもらってないことなんて、本当にどうでもよかった。 

時間がたつにつれ、そんな興奮もすぐにおさまって、俺は怖くなった。 
ものすごい恐怖心に苛まれた。 
佐藤さんは人妻なんだ。世間話の中で聞いていた。 
いや人妻じゃなくたってマズいたろう。 
警察が踏み込んでくるかもしれないと思って窓の外をチラチラ見たり、 
どういう罪に問われてどういう刑罰があるのかとか、 
わかりもしないのにネットで調べたりもした。 
何日か眠れない日が続いて、仕事にも身が入らなかった。 



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:52:13.33 ID:JVB5yKBI0


それでも次の火曜日はやってくるんだ。 
いつもの呼び鈴が鳴ると俺は座布団から10cm飛び上がった。 

「ヤクルトでーす」 
その週から違うオババの野太い声がするようになった。 
ドアの覗き穴から見ると、佐藤さんと同じユニホームのオババがいて無意味に腹立たしかった。 
俺はほっとしたのか残念なのかわからん気持ちで、その週からは居留守を決め込んだ。 
警察沙汰にこそならずにすんだらしいが、俺の心に開いた穴はでかかった。 
流し台の横には、佐藤さんが差し入れてくれたおかずのタッパーが行き場をなくしていた。 

今書きたいことの50%くらい。 



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:53:46.24 ID:JVB5yKBI0


それから1ヶ月ほどたった金曜日、俺はその晩が非番だったので勤務明けの朝からビールをあおっていた。 
昼近くになり、常駐板の巡回を終えて眠気が来たので、 
俺の気も知らず楽しそうに談笑するテレビをリモコンで狙撃しながらベッドに転がった。 
ベッドの上のボロいエアコンが必死に室温を下げていた。 

意識が途切れかけたとき、アパートの階段を踏む音が聞こえた。 
鉄骨造のアパートだから階段や通路の足音は丸聞こえで、普段は気にもならない音だった。 
でもその時はなぜか佐藤さんを強く意識したんだ。 
佐藤さんのことを忘れた日なんて一日もなかった。 
といいたいけどようやく忘れかけていた頃だった。 



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:55:44.05 ID:JVB5yKBI0


足音は俺の部屋の前で止まり、呼び鈴がなった。 
「こんにちはー ヤクルトですー」 
俺はベッドから20cm跳ね上がった。 
細くてきれいな、佐藤さんの声だった。 

俺は急いでGパンを履いて玄関に走り、細心の注意を払ってドアを開けた。 
熱い空気とセミの鳴き声が一気になだれ込んで来た。 

佐藤さんだった。 
白いブラウス(っていうのか)に淡いオレンジ色のスカートが、逆光を受けて佐藤さんの線を投影していた。 
いつもの厚ぼったいヤクルトのユニフォーム姿しか見たことない俺は、腰が抜けそうになった。 



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:56:48.81 ID:JVB5yKBI0


「あ、ども、ぐへはほ」 
その後の展開を何も考えずにドアを開けたことに気づいて、俺は今更かなり焦った。 
「こんにちは。暑いですね~」 
佐藤さんはいつものちょっと間延びした天然系の雰囲気だった。 
「そそそっすね、あふ、暑いス」 
俺は小学校で初めて好きになった女の子を前にしたときみたいに舞い上がっていた。 
ビールの酔いと睡魔はどこかにすっ飛んでいた。 

「あの、この前はごめんなさい、お釣り渡すの忘れちゃってて」 
佐藤さんはバッグからポチ袋に入った小銭を差し出した。 
ようやく俺は冷静さを取り戻し、最後に佐藤さんに会った土砂降りの日のことを思い出した。 
俺はとんでもないことをしたんだった。 


「その… スイマセンでした、ほんとに…」 
俺は90度お辞儀した。土下座したい気分だった。 
「びっくりしたよ~」 
俺はハッとして顔を上げた。 
「気にしないでね」 
佐藤さんの初めてのタメ口だったんだ。 
俺はただモジモジしてた。 
ポチ袋を受け取ったとき、柔らかい指先が触れた。 

「俺さん今日はお休みでしょ? お昼どうかなと思って」 
奇跡とか言うと大げさだが、そういうのがあるなら信じざるをえなかった。 
俺の休みの曜日を覚えててくれてただけでなく、メシに誘われるだと。 



157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 15:58:39.98 ID:JVB5yKBI0


促されるままに俺と佐藤さんは歩いて5分のデニーズで飯を食った。 
戻ってきた酒の酔いも手伝って、気持ちが舞い上がるままに不思議と話もはずんだ。 
何を話したかはよく覚えてない。 
ただただ楽しくて、興奮するでもなく高揚したひとときだった。 
それでもどこかでお客さんへのフォローなんだよな、みたいに考えてた。 


佐藤さんは自転車を俺のアパートの前に置いてたから、一緒にアパートまで戻った。 
佐藤さんとの時間は確実に終わろうとしてる。もう今後一生会えんかもしれん。 
別れぎわ、かがんで自転車にカギを差し込む佐藤さんを見つめながら、俺はやっとの思いで言ったんだ。 
「あの、また飯とか…」 
「うん、またね。楽しかったよー」 
「あの、でも旦那さんとか」 
「いないよそんなの(笑)」 
ちょっと手を振って自転車で走り去る佐藤さんが見えなくなっても、俺は呆けて突っ立っていた。 
気づいた頃には8箇所もカに刺されていた。 

あとで聞いたんだが、訪問先が独身男のときは人妻だって言っとけとヤクルトの先輩から言われてたらしい。 
その翌週から、また佐藤さんが来てくれるようになった。 



175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 16:01:20.29 ID:JVB5yKBI0


そのあとも飯とか買い物とか、何回か一緒に出かけたりもした。 
ヤクルト買うときに世間話しながら、なんとなく約束を交わしてた。 
約束がなくて普通に佐藤さんが帰った日はかなりガッカリした。 
週末の約束をしてくれた日は一日中小躍りするくらい嬉しかった。 
ほんとに厨房の恋愛だ。 

その時はまだ付き合ってるとかそんな考えはまるでなかった。そんなの図々しいと思ってた。 
もちろんキスしたのなんて最初のあのときだけで、その他は何もなかった。 


わけじゃないんだ。 



196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 16:03:52.54 ID:JVB5yKBI0


月日はめぐって、その火曜日は早朝から雪が降っていた。 
「おはようございます。さむいですねー;」 
佐藤さんは真っ白な息を吐きながら、肩の雪を払っていつものように玄関先に入ってきた。 
大きめのジャンパーの袖から見える指先がかわいかった。 

「はぁ~ 暖かい」 
いつもの世間話をしながら、玄関に下ろしたクーラーボックスから冷たい指で冷たいヤクルトを渡してくれた。 
オツリを数えようとする白い指先は少し震えていて、血の気がないのがわかった。 

佐藤さんは口を覆うようにして自分の手に息を吹きかけ、こすり合わせた。 
どうしてこの人はこうも俺の萌えツボを刺激するのがうまいのか。 

「ごめんなさい、かじかんじゃって」 
「どれどれ、うわー手ぇ冷たいすね」 
俺はわざとらしく佐藤さんの両手で佐藤さんの手を握った。 
「うわ、俺さんの手暖かいですね。熱い!(笑)」 
「佐藤さんの手冷たい!」 
お互い笑いながら、俺は佐藤さんの手を温めるようにして強めに握った。 
「はー、もうすこしだけこうしててもらっていいですか?」 
仕事のときは丁寧語なんだが、逆にそれがツボに来るようになっていた。 
「ずっとでもいいすよ」 

今思い出してもア●ルがあったら入りたいくらい恥ずかしいセリフだった。 
お互いの笑いが自然と止まった。 



211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 16:05:14.05 ID:JVB5yKBI0


俺はまた理性が飛ぶ瞬間を意識した。 
俺の煩悩が俺を操縦し始めた。 
目を閉じかけるとき、佐藤さんが眼を閉じかけるのが見えた。 
驚くほどナチュラルにキスをした。 
握ったままの佐藤さんの冷たい指と同じくらい、唇も冷たかった。 


唇が離れると、俺は手を握ったまま家に引っ張り上げた。 
佐藤さんはあわててかかとで靴を脱いでいた。 


俺は昼間に寝るから朝帰っても部屋の灯りはつけない。 
厚い雪雲のせいで部屋は薄暗かった。 
テレビドラマみたいに激しく絡み合いながら荒々しく服を脱ぎ捨てるとか、そんな芸当は俺には無理で、 
向かい合った佐藤さんのボタンをひとつずつはずした。 
手が震えて指先に力が入らなかった。 

佐藤さんはちょっと顔を赤くしてじっとそれを見ていた。 



227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 16:06:45.43 ID:JVB5yKBI0


白い佐藤さんの肌は、オカズの妄想とまったく同じで、綺麗だった。 
俺は自動操縦されてるかのように佐藤さんをベッドに倒し、むしゃぶりついた。 
いつものチュウじゃなくてベロチューした。 
華奢な佐藤さんの脚は冷たくて、受け入れてくれたそこは熱かった。 
後ろからするときも、佐藤さんの尻はちょっと冷たくて、中との温度差が対照的で興奮した。 

佐藤さんが中をピクピクさせながら枕に崩れ、俺も限界に近づいた。 
普通なら尻とか背中に出すんだろうけど、俺は抜くのが精一杯で布団の上にぶちまけた。 
佐藤さんはしばらく息を切らしていたが、枕元のティッシュで丁寧にそれを拭ってくれて、 
その上にコロンと横になり、大きく息をついた。 



233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28(水) 16:07:12.44 ID:JVB5yKBI0


賢者タイムの俺はそらぞらしく行った。 
「ごめんね、仕事中なのに」 
「ううん、雪だしいいよ」 
雪だとなぜいいのかよくわからなかった。 
俺はまだ温まりきらない佐藤さんの体を布団でくるんで抱き寄せた。 
「暖かい」 
佐藤さんは俺に体を預けてくれた。 
ほんとありきたりな表現なんだが、夢なら覚めないでほしいと本当に思った。 


「あの、よかったら付き合ってくれませんか」 
「今更~? 順番おかしいよ~」 
佐藤さんは笑いながら泣いていた。 
俺は男女のお付き合いってのは「付き合ってください」「はい」で始まるものだと思っていた。中学生か。 
俺は涙ぐんで鼻をすする佐藤さんの温もりをきつく抱きしめた。 

で、佐藤さんと俺は家族になった。 
来年家族が増える予定。 

3年ほど前のお話でした。おわり。