風俗行ったら人生変わった【その1】 
風俗行ったら人生変わった【その2】 
風俗行ったら人生変わった【その3】 
風俗行ったら人生変わった【その4】 

106:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 22:36:54.62 ID:cqhWLyp00

かよ「だって、こんな私、無理でしょぉぉぉ??汚れてるしぃぃ、頭悪いしぃぃ、資格ないもん」 

号泣だよwww何度泣くんだよwww 

レ●プ目で「さっき、自分を誇りたいって言ってなかった?」 

なんて些細な矛盾に突っ込んでる場合じゃないwww 

でも、先に書いたように、変に余裕があるんだよ、くだらないことを考える余裕が。 

自分でもとまどうけどね。 

かよ「もう、私、誰にも迷惑かけたくないし・・・、嫌なの。俺さん、いい人過ぎて、無理だよぉぉ、釣り合わないよぉぉx」 

え~っと、でも、これって、え~っと、俺が嫌いとか、そういう意味じゃないんだよね? 

それが分かると、泣いてるかよさんの横で、変にニヤ~ッとする俺www 

鬼畜だわwww自分でもショックだわ、そういう感情が。 

でも、とにかくかよさんの言うような理由で、付き合えないなんで、それは納得できない。 






172:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 22:40:57.73 ID:cqhWLyp00

俺「じゃぁ、かよさんの気持ちを聞かせてくれよ?俺のこと、どう思ってるの?」 

かよ「好きぃ!!好きに決まってるでしょぉ?」 

俺「じゃぁ・・・」 

かよ「でも、無理でしょぉ、少なくとも今はぁ・・・、ごめんなさぁい!!!」 

・・・・・・・・そうか・・・・・時期を待てば・・・・なんとかなる・・・・のか? 

自分の気持ちを抑えて、しばらく待てば、なんとかなるのか? 

でも、かよさんが好きってのは俺の気持ちで、かよさんへの優しさじゃない。 

俺のエゴだよな? 

正しさとか、優しさと、一人の女を好きってのは、違うことなんだよな? 

そのとき、晋作君のあの言葉を思い出したんだwww 

<<晋「かよさんはドМですから、そこらへん分かってて下さいねwww」>> 




247:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 22:48:21.26 ID:cqhWLyp00

俺「かよさん!!」 

俺はかよさんの肩に手を置いて、目をまっすぐに見詰めた。 

かよ「・・・え?・・・・はい。」 

慣れないよ、こんなキャラ、俺じゃない・・・しっかり意識を持たないと、体が震えるwww 

俺「俺は待たないよ。かよさんが好きなんだよ、分かる?今のかよさんがそのまま好きなんだよ。 
そして、これからは俺が守るから!いいから、付き合ってくれよ。」 

かよ「・・・・・・・」 

かよさんが、俺を見詰め返してくる。 

俺「俺と付き合えって言ってんだよ!俺は、今までのような男と俺は違うだろ?」 

かよ「・・・うん・・・そうだね・・・。」 

俺「な?」 

かよ コクン 

俺「俺のこと、好きなんだよなっ??」 

かよ コクン 

俺「俺も、お前のことが好きなんだよ!」 

かよ コクン 

俺「なんか問題あるの?」 

かよ フルフル 

俺「じゃぁ、付き合うよな?」 

かよ コクン 

自分で言っとく。 
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 




253:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:49:06.52 ID:JGmMQAbn0

>>247 
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 




266:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:49:35.39 ID:h0nvI81r0

>>247 
キタ━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━ !!!!! 




267:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:49:37.18 ID:HRi0P32p0

>>247 
クッソックッソwwwwwwwwwwwうらやましいwwwwwwwwwwwww 




271:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:49:48.74 ID:98HtPRc40

>>247 
ヨッシャーーーーーーー!!!! 

オメデトウ!!!! 




290:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:50:30.86 ID:FWfilhRc0

>>247 
ふぅぅぅぅぅーーーーー 




254:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:49:15.74 ID:FYcg5oRC0

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!! 




260:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 22:49:28.40 ID:LYkVMWbB0

キタ━━━━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━━━━!!!! 




384:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 22:56:35.47 ID:cqhWLyp00

ひーっ、ひーっ、いま、マジで息が荒いですwww 

ありがとうございます。 

何、この勢いwww 

ヤバス・・・ 

書き溜めの校正分がなくなったのに、この勢いでリアルタイムで書いてました 

ちょっと休憩ですwww 

雑談でもしててください 

はーっはーっ 




555:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:10:45.61 ID:cqhWLyp00

最後は、なんか押し切ったって感じwww 

人って、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、 

そのとき、本気で迫れるか?とか、 

勇気を出せるか? 

で一生の答えが違ってくるもんなのかも知れないwww 

晋作君、あんたは神だよ。本当にありがとう。 

かよさん、泣き止んだ。 

頬が赤く染まってるwww 




557:ベポ ◆OJIKI/vuVs :2011/10/27(木) 23:11:30.98 ID:/hM1HUuG0

>>555 
コテ忘れwwww 



566:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:12:06.04 ID:cqhWLyp00

あ、しまった、トリップ外れてました。 
もう一回。 

俺は強烈な愛しさを感じた。 

かよさんは、なんて、なんて可愛い生き物なんだろう。 

守ってやりたい、守ってやらなければ!という気持ち。 

俺は、自然にかよさんを抱きしめた。 

体が勝手に動いた。 

勝手に動いたからなのか、力の制御が聞かず、 

思い切り抱きしめたらしく、「うげっ」ってかよさんが言ったwww 

だけど、かよさんも俺の背中に手を回した。 

初めて抱き合った。 



590:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:14:09.25 ID:cqhWLyp00

最後は、なんか押し切ったって感じwww 

人って、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、 

そのとき、本気で迫れるか?とか、 

勇気を出せるか? 

で一生の答えが違ってくるもんなのかも知れないwww 

晋作君、あんたは神だよ。本当にありがとう。 

かよさん、泣き止んだ。 

頬が赤く染まってるwww 

俺は強烈な愛しさを感じた。 

かよさんは、なんて、なんて可愛い生き物なんだろう。 

守ってやりたい、守ってやらなければ!という気持ち。 

俺は、自然にかよさんを抱きしめた。 

体が勝手に動いた。 

勝手に動いたからなのか、力の制御が聞かず、 

思い切り抱きしめたらしく、「うげっ」ってかよさんが言ったwww 

だけど、かよさんも俺の背中に手を回した。 

初めて抱き合った。 




594:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:14:24.08 ID:agD48LQM0

晋作君が「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」と言ったのは 
色んな問題も解決したので、ふたりでゆっくりと寝なさいね 
と解釈したんだが。 




596:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:14:47.33 ID:h0nvI81r0

>>594 
正解だろうなそれで 




600:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:15:12.48 ID:WDKW/PR40

>>594 
その通りだと思う 




601:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:15:30.64 ID:G8TOmIFt0

>>594 
それしかないだろ 
穏やかな時間を楽しめってことだ 




619:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:17:35.43 ID:cqhWLyp00

でも、変に中腰で抱きしめたから、俺は姿勢がつらくなり、脚がプルプル震えていたwww 

体制を変えるのが、非常に、なにか、雰囲気をぶち壊すような気がしたので、そのまま耐えた。 

つか、なんの雰囲気か分からんが。 

ものすごい感情がうずまいてるのに、どもらなかった。 

かよさんは汚れてなんかいない!って心の中で叫んだんだけど、 

それを言うと、傷つくような気がして、心の中で叫び続けた。 

愛しくて、涙がぽろぽろこぼれた。 

狂おしい感情ってこういうことを言うんだろうか。 

泣き声が出たのなんて、子供の頃以来だwww 

「ふぇぇ」と、泣き声が出るんだよwww 

かよさんも泣いているし。 

成長した俺は、この状態でも勃起できるようにはなっていたんだけどwww 




649:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:20:06.23 ID:cqhWLyp00

でも、こんな流れから、エッチな方向にもっていくことは、俺には出来なかった。 

自然に、自然に、エッチな方向に持っていくってどうすんの? 

どうすんのよ? 

俺「かよさん、エッチしたいんだけど」 

ってそういうのもありなの? 

まさに、今こそ、 

「シャワー浴びますか?」 

って言ってくれたら、助かるのにっwww!! 




654:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:20:39.47 ID:uvlCycio0

>>649 
クソワロタ 




656:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:20:43.77 ID:h0nvI81r0

>>649 
不覚にもワロタwwwwwww 



671:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:22:29.68 ID:cqhWLyp00

結局、その日は、かよさん所に泊まってそのまま、仕事にいった。 

かよさんが、なきつかれてぼーっとしてたので、「寝たら?」というと、こくんとうなづいて、ベッドに。 

俺は、何回か泊まったときのようにラグに寝ようとすると、かよさんがベッドで一緒に寝てというので、 

腕枕をしてあげて寝た。かよさんは泣き疲れたらしく、すぐに寝付いた。 

いやあ・・・腕枕ですよ。 

すげえいいですね、腕枕!! 

男!になった気分ですよ。 

朝にしびれますけどね。 

足のほう、かよさんの方が俺よりものすごく下になりますけどねwww 

すごく男になった気がしましたよwww 




674:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:23:11.45 ID:WDKW/PR40

>>671 
わかります!その気持ち! 




678:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:23:23.33 ID:h0nvI81r0

>>671 
腕枕って、男も女も幸せ感じるよな 

明け方感覚ないけどwwwwwww 




683:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:24:13.86 ID:HmNrotgV0

>>671 
ヤらなくていいからちゅーぐらいはしろよwww 




735:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:29:06.06 ID:cqhWLyp00

次の日、仕事を早く終えて、秋葉原に行くと言うと、晋作君も一緒に行きたいと言い出した。 

晋作「日本橋は行った事あんねんけど、秋葉、来てみたかったんですよ!」 

俺「晋作君、何気にかなりのオタだもんねwww」 

でも、店先で、なにやら変なことをし出した。 

ミクのフィギュアを持って、 

晋「ライン出てるぅ~、ライン出てるぅ~、原型師、そこまでするぅ~?」 

とか、ぶつぶつ言ってる。 

晋「俺さん、オタクくん、知りませんの?」 

まぁ、その後、ニコ動で見せてもらうんだけど、恥ずかしいから止めて欲しいwww 

晋作君は歌を歌いながら道をあるく癖があって、たまに振り返られるんだよwww 

晋「主と朝寝がしてみたい・・・で、決めましたか?」 

俺「うん、告白して付き合うことになったよ!ありがとう!」 

晋「エッチは?」 

俺「・・・いや、それはまだ・・・」 




773:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:33:30.92 ID:cqhWLyp00

晋「あほか、俺さん!!なんで、昨日、せえへんねん!!俺がせっかく気を利かせたのに!!」 

俺「だって、そんなきとに、エッチしたら、下心丸出して、やったみたいでしょ!!」 

晋「もう、二度目ですよ?そんなんやったら、いつまでたっても・・・あ~っ、もう!!」 

俺「まぁまぁ・・・かよさんの気持ちも考えたら、あのときは出来ないってwww」 

晋「違いますやろ?俺さん、でけへんかっただけですやろ?」 

俺「まぁ・・・自信ないし・・・www」 

そしたら、晋作君が急にマジな顔になって、 

晋「俺さん、お願いがあります。」 




777:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:34:06.34 ID:WDKW/PR40

>>773 
お願いキター! 




789:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:34:49.58 ID:HRi0P32p0

>>773 
嫌な予感しかしない 




806:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:36:01.41 ID:cqhWLyp00

俺「え?何?」 

晋「俺は、今回、少しは俺さんの役に立ちましたよね?」 

俺「いや、もう、感謝しきれないよ。いずれ、なんかの形で俺も恩返ししたいとマジで思ってる。俺の出来ることやったら、何でも言って欲しい。」 

晋「じゃぁ、これから、その恩を返してください。」 

俺「は?」 

晋「ほら、俺、俺さんと吉原に行ってみたいって言ってたですやん。」 

俺「うん。」 

晋「これから、付き合ってもらいたいんやけど。」 

俺「は?」 

晋「まさか、断りませんよね?今、出来ることなら、何でもやりたいって言わはったばかりやし。いや、金の心配は要りません。俺が誘うんやから・・・。」 

俺「ちょ、ちょ・・・それはおかしくない?だって、あのときと事情が違うでしょ?俺には、かよさんが・・・」 




825:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:36:56.27 ID:RCIa7aY10

>>806 
マジキチwww 




827:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:37:19.65 ID:MVULz94p0

>>806 
これが二人目の風俗嬢かwww 




831:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:37:40.53 ID:G8TOmIFt0

>>806  風俗譲理解したww 




809:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:36:04.50 ID:Kp8iNryp0

もういい、遼太郎と晋作でもいいや 






ふぅ… 




859:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:40:29.81 ID:cqhWLyp00

晋「かよさんとの前の約束でしょ?俺のは?」 

俺「ま、まあ、そうだけど・・・」 

晋「男同士の約束ってのは・・・」 

もう、こういうときの晋作君の強引さと、相手への詰め寄り方は知ってるよね? 

俺は、何故か、吉原に立っていたwww 

晋「高級店、いきましょ。大阪にはソープってないんですわ。だから、神戸の福原ってとこに行かなあかんねんけど、高級店で6万くらいなんですわ。でも、吉原って10万位するらしいから、期待してますねん。」 

俺「10万???」 

晋「こういうのは、やっぱり雰囲気も楽しまんとあかんと思いますよ。すぐ店に入って、やるだけなんてのは、おもろないですよ。」 

俺「いや、晋作君、歩くだけでも恥ずかしいんだけど。」 

気のせいかも知れないけど、やっぱり、町並みに独特の雰囲気があって、地に足が着かない感じだった。 



899:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:45:42.73 ID:cqhWLyp00

俺は店に入ってしまえば、別々になるわけだし、 
風俗で初対面の女性相手にはヘタレ全開だしさwww 

そういう意味では余裕があったんだよwww 

でもな。 
吉原の高級店に行った人、いる??? 
10万前後の・・・ 

そんな甘いもんじゃなかったんだよwww 
恐ろしいところなんだよ!! 

ここから 

「真・風俗行ったら人生変わった編」 

なんだよ!! 




901:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:46:22.85 ID:HmNrotgV0

>>899 
なにがあったんだwww 




910:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:47:06.77 ID:WDKW/PR40

>>899 
楽しみすぐる!!!! 




911:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:47:09.46 ID:yBpmVWqF0

>>899 
なんだ、、、、、と? 




912:名も無き被検体774号+:2011/10/27(木) 23:47:09.61 ID:98HtPRc40

>>899 
いやーーーーーーーーーー 





マジかよ? 




941:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:50:12.81 ID:cqhWLyp00

晋作君は周辺を恥ずかしげもなく歩き回った後に、店を紹介する喫茶店みたいなところに 
入って店を決めた。 

俺「なぁ、やっぱり止めない?」 

真「待ってくださいよ、俺さん。俺さん、男ですよね?一緒に吉原に行くって約束は、かよさんよりも先に俺とした約束ですよね?そんで、俺に出来ることやったら、なんでもするって言いましたよね?」 
俺「まぁ・・・」 

晋「要は、俺さんが俺との約束を守るか、さっき言ったことがホンマかどうか?それだけの問題ですよね?」 

駄目だwww 
こいつには、あらゆる意味で勝ち目が無いwww 

俺「分かった!行くよ!」 

晋作君は、にや~っと笑って、 

晋「そうと決まったら、楽しみましょーよ。可愛い女の子とエッチできるんですよ?」 




962:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/27(木) 23:52:29.23 ID:cqhWLyp00

数分後、俺たちは、吉原の高級店にいた。 

まず入浴料というのを払うんだけど、これがもう、3万円以上するんだよ。 
そんで、まだ、「直接、女の子に渡すお金」が必要なんだよ。 
これが、女の子によっても違う場合があるんだ。 
5万から7万くらい。 

つか、思い出したくないけど、かよさんのデリヘルって最低の時間が確か、40分か50分で、 
金額が、16000円か18000円だったか。そんなもん。 

入浴料とかわけのわからんもんで、三万円以上!! 

なんだよ、高級ソープって・・・・。 

いる?いった人? 


111:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:03:59.93 ID:NMCf6g/e0

晋作君よりも俺の方が先に呼ばれた。 
待合室を出ると、女の子がもう来ていた。 

あおい「あおいです~。(ニコッ)お客さんのお名前はぁ~?」 

俺「お、俺です。」 

なんじゃ?こりゃぁぁ~小柄でめちゃくちゃ、 
おっぱい大きくて可愛いじゃんっ!! 

あおい「俺さんかぁ~、よろしくねぇ~(ニコッ)」 

かよさんと同じくらい色白で、唇がすごく綺麗なピンク色で、目がくりっとしていて、 
アイドルでも通用しそうな可愛さだ。それにすごく笑顔が可愛い。 




120:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:05:07.89 ID:JuxZxMdU0

>>111 
誘惑されちゃらめぇぇぇぇ>< 




128:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:05:51.87 ID:QCNCumox0

>>111 
ヤッたな!?ヤッちまったんだなこのやろおおおおおおお 


でも晋作の手引きだから許すよ 




147:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:07:47.52 ID:Kp8iNryp0

>>111 
これが晋作が見た以前の遼太郎の最後だった… 




127:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:05:42.79 ID:uedpCYHh0

そういえば知ってる風俗嬢二人って・・・ 




186:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:12:44.29 ID:NMCf6g/e0

あおいちゃんに案内されて、エレベーターに乗った。 

あおい「俺さん♪」 

俺「なんですか?」 

あおいさんの方を見た、その瞬間だった。 

キスされてた・・・。 

俺「え?」 

と、思うまもなく、首に手を回され、べろちゅーされてた。 

俺は、エレベーターの壁まで、とととっと下がってドンって壁に背中がついた。 

そしたら、あおいちゃんの手が俺の股間をさわさわ・・・って・・・・ 

ファーストキスが・・・、そして、初めて女の子にあそこを触られた・・・。 




189:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:13:14.92 ID:EaRTB6E+0

>>186 
かよちゃんこいつですwww 




195:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:13:58.48 ID:2xeBEoZX0

>>186 
ああああああああああああ 




202:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:14:36.91 ID:ACbfBRlU0

>>186 
10万だな。わかった。 




191:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:13:29.63 ID:mIByBGXJ0

あおい許さん…!!! 



252:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:21:10.45 ID:NMCf6g/e0

唇の感触が生々しい・・・。そして、柔らかいwww 

分かってるよ・・・。俺のファーストキスになんも価値なんてないだろうけど、 

かよさんの顔が浮かんだ・・・。 

つか、かよさん・・・もキスをしてたんだ。 

いっぱい、いっぱい、知らない男と。 

キスというものの現実を知って、こんな状態だというのに、落ち込みがwww 

あおい「ここでぇ~っす」 

部屋に入った。 

おお、風呂があって、ベッドがあって・・・。 

ソープランドだ・・・。 

俺はベッドに座って、落ち着け。落ち着け、ヘタレでいいんだぞ? 

と自分に言い聞かせていた。 
多分、初めてなら、完全にヘタレだったろう。 

だけど、かよさんとの接触で、男としての慣れが出来始めいた俺は、 

不本意ながら、タテテタ。 




273:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:26:52.55 ID:NMCf6g/e0

で、おれは、かよさんの店のことしかしらないから、 

最初は世間話なんかすると思ってたんだよね。 

そこでヘタレ爆発すると思ってたんだよね。 

でも、違ったんだよね。 

俺がおどおど座ってると、あおいちゃんがとなりに座って、 

ニコッって笑ったと思ったら、ズボン下げられて、パクッって・・・。 

その間、5秒くらいだよwwww 

俺「ええええええ????」 




278:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:27:35.71 ID:EaRTB6E+0

>>273 
即尺www 




276:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:27:14.13 ID:xEF7A0O80

くそー晋の字め俺のかわいい1ちゃんの童貞になんてことを! 




306:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:31:21.81 ID:NMCf6g/e0

二時間後・・・ 

晋「どうでしたか???最高でしたわっ!!もう、最高!!あははは!! 
寿司でも食いに行きます??」 

俺、完全レ●プ目・・・。 




308:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:31:55.95 ID:YaYHnq810

>>306 
おいwwwwwwwww 




310:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:31:56.78 ID:dDwhrfOy0

>>306 
端折るなあああああいああああやあ! 




313:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:32:04.18 ID:EaRTB6E+0

>>306 
はしょりすぎワロタwww 
もちDTのままだよね?ね?ね? 




365:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:38:04.55 ID:NMCf6g/e0

俺「あの、俺、かよさんに顔向けできないんじゃ・・・。正直言うと、10万も払ってもらって 
  晋作君には悪いけど、何もしなくていいと思ってたんだよね・・・。」 

晋「・・・」 

俺「でも、あおいちゃんって娘なんだけど、一所懸命サービスしてくれるし、 
それが当たり前っていう空気に逆らえないというか、悪いな~って気持ちもあって」 

晋「でも、気持ちも良かったでしょ?」 

俺「それは否定できないな・・・。」 

晋「でも、それでやっとかよさんと付き合う準備が出来たんと違います?」 

俺「え?」 

晋「かよさんの性格って分かってはります?」 

俺「・・・」 

晋「俺さん、恋愛もセクロスもないんですよね。」 

晋「かよさんが、どれだけ俺さんに引け目を感じてるか本当に分かってました? 
 今日の、俺さんの何倍くらい、引け目を感じてるか、分かってますの?」 




370:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:38:59.83 ID:I6gZUEfP0

>>365 
晋作抱いて!! 




372: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/10/28(金) 00:39:09.97 ID:RGJCARZI0

>>365 
なるほど 




374:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:39:14.38 ID:7yq0qhkt0

>>365 
なるほど! 




379: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/10/28(金) 00:39:41.75 ID:RGJCARZI0

>>374 
結婚しよう 




375:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 00:39:23.08 ID:EaRTB6E+0

>>365 
晋作め 
もう、それが良い方法なのか悪い方法なのか、わからんwww 




396:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:41:47.08 ID:NMCf6g/e0

晋「俺は思うとったんですわ。二人がくっついても絶対に長続きせんって」 

俺「・・・」 

晋「あのね、男女なんて付き合うより、続く方が、何倍も何倍も難しいんですよ?」 

俺「・・・」 

晋「俺さん、いつか、風俗やってたことで、かよさんのことを責めないって確信ありますか? 
  真正面から責めんでも、なんらかの形で責めてしまうこともありますよ?」 

俺は、あおいちゃんにキスされたときも、かよさんが店でどれだけの男とキスを 
したかと思って、へこんだし、あったばかりのときに、嫉妬と言うか、そういう 
感情で吐いたことを思い出した。 




427:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:47:04.72 ID:NMCf6g/e0

晋「なんで、なんどもチャンスあったのに、かよさんを抱いてやらなかったんですか?」 

俺「まぁ、童貞・・・は言い訳にならないな・・・、自信がなかったからだよ。」 

晋「いえ、童貞ってのは、言い訳になりますよ。付き合いのある年配の社長さんに聞くとね、 
昔は、そういう初体験をすませるような仕組みが社会にあったんですって。」 

俺「へえ、そうなんだ。」 

晋「それが俗にいう、『男になる』っていう奴ですわ。」 

俺「なるほど。」 

晋「あの子はね、恐ろしいほど一途なんですわ。それやのに、自分にまったく自信がなくて、 
自分からは全然、よういかん。だから、ガリガリに無理やりされても、あれだけ尽くすんですよ」 

俺「・・・・」 




502:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 00:59:52.42 ID:NMCf6g/e0

晋「俺の見たところね、かよさんは、アホっちゅうても、絶対に裏切らない 
ホンマにええ女ですわ。でも、それには条件があるんです。」 

俺「条件?」 

晋「男も女もね、片方づつやったら、ええ男にもええ女にもなられへんのですわ。 
 俺さんが彼女をええ女にしなあきませんねん。」 

俺「うん、それはなんとなく分かる。」 

晋「彼女は進む方向を自分で決められませんねん。 
  下手すると、最悪な道でも尽くすため突っ走る娘ですよ? 
  だから、俺さんが決めてやらんといけません。 
  いわゆる「俺について来い!」ですわ。 
  その俺さんが、「かよさんが・・・かよさんが・・・」では、 
  絶対に続きません。」 




511:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 01:00:54.62 ID:EaRTB6E+0

>>502 
晋作、経験値、高杉ーwww 




522:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 01:05:32.21 ID:NMCf6g/e0

俺「なるほどなぁwww」 

晋「あれ?急に笑い出しましたねwww」 

俺「つまり、俺が童貞のままかよさんと上手くいくには、 
  晋作君にどれだけ言われても、っていうか、縁を切っても、 
  吉原なんかについてこない男だったら良かったんだよね?」 

晋「ま、まぁ・・・そう・・・ですね・・・wwwでも、ひどいなwww 
  つーか、さすが俺さんやな。俺が認めた男のことだけあるわ。」 

俺「俺はかよさんを幸せにする、絶対にね。そんで、晋作君は親友だよ。 
  他には?」 

晋「い、いや、もう、ええですわwww」 

俺「うん、じゃあ寿司食べに行こう、いつもごちそうさま。この借りも絶対に返すからね。 
   だから、しばらくは気持ち良く奢られておくよwww」 

晋「分かりましたwww」 

このとき、やっと晋作君と対等になれたような気がしたんだ。 
いや、もちろんまだまだまだまだ敵うわけもないんだけどねwww 




534:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 01:09:04.51 ID:NMCf6g/e0

晋作君はずっと後に、こんな俺のどこを認めてくれたか語ってくれた。 
単なる司馬遼太郎ファンの交流じゃなかったんだよね。 
恐ろしい奴だよ。本当に。 

そして、最後のエピソードは明日以降です。 

最終章「かよさんとのデート」 



568:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 01:12:14.28 ID:NMCf6g/e0

俺にとって晋作君ってやっぱ目標になってたんですよ。 
この出来事を通して。 
でも、絶対に敵わないと思ってたのが、 
かよさんの為に、彼を切り捨てる・・・って考え方が浮かんだときに、 
対等になれた気がしたんです。 

それに比べたら、ガリガリやスカウトとの対決で得た成長なんかよりも 
もっとすごいものがあったんです。 

だから、人生変わったんですwww 




578:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 01:13:29.83 ID:GNfoja6V0

>>568 
「かよさんの為に、彼を切り捨てる」?????? 




587:名も無き被検体774号+:2011/10/28(金) 01:14:37.30 ID:EaRTB6E+0

>>578 
晋作に頼るのをやめた、と思いたい 




599:遼太郎 ◆wS2fCa8rNY :2011/10/28(金) 01:16:08.55 ID:NMCf6g/e0

>>578 
これは後の話なんですが、自分の大切なものを守るために、 
自分の敵わないものに挑むってのが、晋作君が俺を認めた一つなんですけども、 
それが、場合によっては、晋作君にも挑むことにもなるって言う話をしたんですよ。 
やっぱ、あの時点でソープに行くのは不本意でしたから。 
でも、まぁ、俺が晋作君の提案に、今後、ノーということはないでしょうね。 
 

風俗行ったら人生変わった【ファイナル】